宅建合格分析

難易度

  受験者数 合格者数 合格率 合格基準点
平成25年度 186,304 28,470 15.3% 33点
平成24年度 191,199 32,000 16.7% 33点
平成23年度 188,572 30,391 16.1% 36点
平成22年度 186,542 28,311 15.2% 36点
平成21年度 195,515 34,918 17.9% 33点
平成20年度 209,415 33,946 16.2% 33点
平成19年度 209,684 36,203 17.3% 35点
平成18年度 193,573 33,191 17.1% 34点
平成17年度 181,880 31,520 17.3% 33点
平成16年度 173,457 27,639 15.9% 32点
平成15年度 169,625 25,942 15.3% 35点
平成14年度 169,657 29,423 17.3% 36点
平成13年度 165,104 25,203 15.3% 34点

出題傾向

出題分類と出題数(平成25年度の例)

分 類 出題数
権利関係 民法 10 14
借地借家法 2
不動産登記法 1
区分所有法 1
法令上の制限 都市計画法 2 8
建築基準法 2
国土利用計画法 1
農地法 1
土地区画整理法 1
宅地造成等規制法 1
宅建業法   20 20
税法その他 税法 2 8
鑑定・評価 1
住宅金融支援機構 1
不当景品・不当表示 1
統計 1
土地 1
建物 1
合  計 50

学習法

出題分類
(出題数)
特徴
権利関係
(14~16問)
民法を中心に不動産の権利に関する法令から出題される。暗記よりも条文を十分に理解する必要があり、習得に時間を要する。ただし、理解すべきポイントは絞られるので、マスターしてしまえば、応用が利く内容である。
法令上の制限
(8~10問)
建物を建てたり土地を利用する行為に関する法令から出題される。専門用語や数値が多く出てきて、暗記を要する分野。深い理解を必要とせず、端的な知識で解答できる問題が多い。
宅建業法
(16~20問)
出題数が最多の最重要分野。不動産業になじみのない受験者でも理解しやすい内容で、過去問からの出題も多いので、十分に時間をかけて学習すれば、得点源として期待できる。
税法その他
(8~9問)
不動産に関する税金、広告の表示、不動産の鑑定・評価、土地や建物の規制、不動産統計から出題。出題範囲が広く、勉強しづらいので、項目を絞って確実に得点すべき分野。土地、統計の問題は比較的得点しやすい。

出題分類毎の特徴

出題分類
(出題数)
特 徴
権利関係
(14~16問)
民法を中心に不動産の権利に関する法令から出題される。暗記よりも条文を十分に理解する必要があり、習得に時間を要する。ただし、理解すべきポイントは絞られるので、マスターしてしまえば、応用が利く内容である。
法令上の制限
(8~10問)
建物を建てたり土地を利用する行為に関する法令から出題される。専門用語や数値が多く出てきて、暗記を要する分野。深い理解を必要とせず、端的な知識で解答できる問題が多い。
宅建業法
(16~20問)
出題数が最多の最重要分野。不動産業になじみのない受験者でも理解しやすい内容で、過去問からの出題も多いので、十分に時間をかけて学習すれば、得点源として期待できる。
税法その他
(8~9問)
不動産に関する税金、広告の表示、不動産の鑑定・評価、土地や建物の規制、不動産統計から出題。出題範囲が広く、勉強しづらいので、項目を絞って確実に得点すべき分野。土地、統計の問題は比較的得点しやすい。
お申込みは、KGKC建設技術教育センターのサイトへ飛びます。

このページの先頭へ