宅建とは

宅建とは

宅建とは、宅地建物取引主任者(以下「取引主任者」という。)の略称です。
取引主任者は、宅地や建物の取引をする際に必要な諸々の業務を行うことができる国家資格です。
取引主任者になるには、宅地建物取引主任者資格試験(以下「試験」という。)に合格し、試験を実施した都道府県知事の資格登録を受け、かつ、当該知事の発行する宅地建物取引主任者証の交付を受けたなければなりません。

資格のメリット

1.宅地建物取引業を営む場合の必要不可欠な資格である。
宅地建物取引業を営むには、事業所ごとに、従業員5人に1人以上の割合で専任の取引主任者を置かなければならないと法律で定められています。
また、宅地や建物等の不動産の取引を行う際には、取引主任者でなければ行ってはならない業務というものがあります。
2.就職・転職が有利になる。
前述のとおり不動産・建設業界においては、必要不可欠な資格です。
また、金融業界でも、担保や金融商品としての不動産に関する知識が必要とされます。
さらに、一般の企業においても、事業用地の取得や出店、保有不動産の有効利用など取引主任者が持つ知識を活かせるシーンがたくさんあります。
3.日常生活でも知識が役立つ。
例えば、商品購入のトラブルの解決や自分が保証人なるときなどは、民法の知識が役に立ちます。
また、自宅を購入することがあれば、建築基準法や都市計画法の知識が役に立ちます。
4.法律系資格の登竜門になる。
宅建で得た知識がさまざまな資格試験に活用できる。
(行政書士、FP技能士、不動産鑑定士、土地家屋調査士、マンション管理士 等)

取引主任者の独占業務

宅地や建物を取引する際に必ず取引主任者によって行わなければならない業務が3つあります。
1.重要事項の説明
不動産の買主や借主に対して、契約の前に物件や取引条件に関する一定の重要事項の説明を行う。
2.重要事項説明書への記名・押印
重要事項の説明内容を記載した書面を作成し、記名・押印をし交付する。
3.37条書面(契約書)への記名・押印
契約書の内容に間違いがないかを確認し、記名・押印する。

お申込みは、KGKC建設技術教育センターのサイトへ飛びます。

このページの先頭へ